のびのび働こ!休憩室~やるべきことをやるだけ、シンプル起業創業スタイル~

やりたいことがあるのなら、そのために今やるべきことに集中して、やるだけ!力まず気負わず、しっかり続けられるあなただけの起業創業スタイルを見つけましょう。

| PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ワクワク♪イラスト制作のご依頼について

web拍手 by FC2
↓ランキング参加中!
「応援してあげてもよくってよ?」という方、ぜひクリック下さいませ。
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ 人気ブログランキングへ FC2ランキング

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

思い込みはいけません

勤務社労士のヤマトです。

育児・介護休業法により、事業主は、3歳に満たないお子さんを養育する従業員について、従業員が希望すれば利用できる、短時間勤務制度を設けなければなりません。。

1日の所定労働時間は原則6時間。
ただし、6時間の他に、別の時間のコースを設定することも可能です(6時間はマスト)。

つまり、これより短い時間コースを設定しても良いということになります。

ですが。
これより短いと、3/4要件を満たさず、社会保険が適用されなくなってしまうのでは…?

※3/4要件とは?
社会保険は、パートさんなどの短時間勤務者でも、要件を満たせば適用となります。
その要件のひとつが、「勤務時間、日数(所定労働時間、日数)が一般の従業員の3/4以上あること」。

2016年度からは、この適用範囲が週20時間以上まで拡大される見通しです(ただし会社規模、年収などの条件あり)。


さて、過去にこの「6時間未満の短時間勤務」のケースを担当したわたし。
これは資格喪失だな~って思って、手続き進めようとしてました。

ところが、上司の方が「それは絶対おかしい!」と仰る。

聞いてるうちに、段々「確かになんか理不尽~。」と思い始め、あちこち調べました。
で、調べた資料を手に、各所とやり取りさせていただいた結果、「喪失の必要なし。」のお言葉をいただき…。

「あ~良かった~。」と思うと同時に、「あの時、上司様が異を唱えて下さらなかったら、喪失してしまっていたかも…。」と、思い込みの恐ろしさを感じたのでした。

思い込みによる失敗は、新人の域をちょっと越えた辺りの層がやらかすそうです。

まだまだ新人レベルなんですけど、気付けば登録から5年経ってしまいましたから~。
失敗も怖いけど、時間の経つのが早いのも怖い…。

相対性理論がなんちゃらというお話ですか?
ちょっと(どころではないが)よく分かりません。
スポンサーサイト
ワクワク♪イラスト制作のご依頼について

web拍手 by FC2
↓ランキング参加中!
「応援してあげてもよくってよ?」という方、ぜひクリック下さいませ。
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ 人気ブログランキングへ FC2ランキング

| 出産・育児 | 07:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

ワーキングママさん応援し隊【ママじゃなくても】

勤務社労士のヤマトです。

長らくお伝えしてきた今シリーズ、今日が最終回です。

これまでの記事はこちら

>> ワーキングママさん応援し隊【小娘時代のお話】

>> ワーキングママさん応援し隊【主婦パートさんとの出会い】

>> ワーキングママさん応援し隊【バリキャリママさんとの出会い】

>> ワーキングママさん応援し隊【結成!】

>> ワーキングママさん応援し隊【パパさんは味方だった!】


そんな訳で、わたしは、自分がママではないにも関わらず、かなり果敢にワーキングママさんを応援してまいりました。

過去の職歴のお陰(百貨店での子供服関係のお仕事)で、普通の非ママさんより、プレママさんやベビーちゃんの事情が分かることも助けになりました。

ほんとに、何が役に立つか分かりませんね!

とは言え、より具体的な相談内容にはお応えできないことも少なくなく、ちょっと凹むこともあったんです。

そんな時、周りの男性の方々から、ワーキングママさんを応援する声を聞いて、立場の違う方からの言葉って、すごく嬉しくてありがたい!って実感しました。

更に。
ご縁あって、医療福祉系社労士の梅川さんが主催されるお勉強会で、ライフネット生命の出口社長のお話を伺う機会に恵まれました。

>> 勉強会&交流会@三軒茶屋

出口社長は、ご性別もご年齢も、ママさん達とは真逆の存在。

その出口社長が、出産・育児の支援と、女性(正しくは若者、女性、外国人)活用の必要性を強く訴えていらっしゃる…。
そして、そのお姿が、ママさん達の大きな励みとなることが分かりました。

立場の同じ人達の集まりは、も深く、大きな力が生まれるのは間違いないと思います。

けれど、立場の違う人達が理解しあい、協力しあうことこそ、最も重要だ~、と、改めて感じた瞬間です。
だって、それを言ったら、自分と全く同じ人なんていないから、最終的に全員敵になっちゃいますもんね。


気が付くと、自分が知らないこと、経験していないことに、ネガティブに目を向けがちなのが、わたしの悪いところだと自覚しています。

「分からないから、勉強しなきゃ!」って良い方向に働くこともあるのですが、キリがないですものね~。

ママじゃなくても、ママさんを応援したって良いじゃん!

と、開き直る気持ちでGO!
…ってことで間違ってないですか?

そんな訳で、松岡修三さんリスペクトの精神でがんばります!

以上、応援し隊シリーズ、長らくお付き合いいただきまして、ありがとうございました~♪
ワクワク♪イラスト制作のご依頼について

web拍手 by FC2
↓ランキング参加中!
「応援してあげてもよくってよ?」という方、ぜひクリック下さいませ。
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ 人気ブログランキングへ FC2ランキング

| 出産・育児 | 06:50 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

ワーキングママさん応援し隊【パパさんは味方だった!】

勤務社労士のヤマトです。

順調に中長期化しておりますこのシリーズ、今回は5回目です。

前回は、育休取得の前例がない環境で、「ほんとは出産後も働きたい。」というプレママさんの声を聞き、応援し隊が結成さる…

というところまでお話ししました。

>> ワーキングママさん応援し隊【結成!】

それから、事ある毎に、ママさんに働いていただくことの意義を吹いて回るわたし。

そうしたら、意外なところにお味方がいらっしゃることが分かりました。

それは誰かと尋ねたら!ベンベン!

共働き家庭に暮らすご主人様方でした~!
ベベベン!

つまり、ご自身の奥さまが、ワーキングママさんでいらっしゃる皆様。

これは素敵なことですよ~。

だって、ご自分の奥さまのワークスタイルを、「おススメだよ!」って称えていらっしゃるのですから…。

わたしがアレコレ話すより、ずっと説得力あるご意見が、ドンブラコ~ドンブラコ~と流れてくるのです。

さあ、おじいさんもおばあさんも、若い衆も、川へ洗濯に!

この、「ママさん以外のお味方」の存在は、わたし自身の立ち位置を確認する上でも、とても参考になるものでした。

わたしは、長々とお話しした経緯で、ワーキングママさんを応援する側に回りましたが、自分自身はママではありません。

その為、ママさんからのご相談に応じきれず、不甲斐ない思いをすることがあったのですが…。

次回、完結(予定)!
ワクワク♪イラスト制作のご依頼について

web拍手 by FC2
↓ランキング参加中!
「応援してあげてもよくってよ?」という方、ぜひクリック下さいませ。
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ 人気ブログランキングへ FC2ランキング

| 出産・育児 | 06:41 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

ワーキングママさん応援し隊【結成!】

勤務社労士のヤマトです。

昨日、今年初めて(にして最後かも)、筋子の醤油漬けを作りました。
筋子をほぐして薄皮を除ける作業のおかげで、首がゴリゴリです。

でも、その分今日のご飯作りは楽できるはず…。
苦あれば楽あり、人生の如しですね!


さて、案の定、まだまだ終わらないこのシリーズ、今回は4回目でございます。

前回は、主婦パートさんやバリキャリママさんのおかげで、わたしの脳には「ママさん=めっちゃお仕事できる!」の図式がしっかり刻み込まれた…

というところまでお話ししました。

>> ワーキングママさん応援し隊【バリキャリママさんとの出会い】

さて、その後、わたしは百貨店を辞めて転職するのですが。
そこで、自分の世間知らずさを痛感することになります。

百貨店と言えば、女の園
すみれのは~な~♪
とにかく、女性がいなきゃ始まらない!ってことで、働きやすい制度が充実していました。

わたしの周りにママさんが多かったのも、皆さんが短時間制度や再雇用制度を活用されていたから。

育休に至っては、取るのが当たり前で、稀に取らない方がいらっしゃると、みんなで「何で何で?」攻撃を仕掛けるという、ある意味タチが悪い集団…。

それに対し、新しく入った会社は、育休取得率が0%!!!

従業員の妊娠が分かると、いや、結婚した時点で既に、

あの子はいつ辞めるのかな?

という雰囲気が漂う環境でした。

そうなんだ~。
日本てまだまだこういう国なんだ~って、衝撃を受けたのを覚えています。

もちろん、ご本人がそれを希望している場合は良いのですが、よくよく聞いてみれば、

「ほんとは出産後も働きたいけど、迷惑かけそうで…。」

と仰る方も。

何も迷惑なことはないぜよ~!
必ず会社の役に立つき~!!
↑何故か2代目スケバン刑事降臨

「微力ですが、全力でフォローしますから、一緒に頑張りましょう~~~!!!」

こうして、ワーキングママさん応援し隊が結成されたのでした。

まだ続くぜよ!
ワクワク♪イラスト制作のご依頼について

web拍手 by FC2
↓ランキング参加中!
「応援してあげてもよくってよ?」という方、ぜひクリック下さいませ。
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ 人気ブログランキングへ FC2ランキング

| 出産・育児 | 06:46 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

ワーキングママさん応援し隊【バリキャリママさんとの出会い】

勤務社労士のヤマトです。

やっぱり長くなっているこのシリーズ、3回目をお届け致そう~。

前回は、遠い昔のわたし@ぴよぴよぴよこの百貨店員が、経験豊かな主婦パートさん達のお仕事スキルの高さに、シビれる!憧れるゥ!ってところまでお話ししました。

>> ワーキングママさん応援し隊【主婦パートさんとの出会い】

それからは、パートさん方に、ノルマだった○○カードの上手なおススメの仕方を教わったり…

ちょっと滞ってるお仕事のことをご相談したら、知らぬ間に片付けて下さってたり…

ほんとにお世話になりながら過ごしまして、わたしの脳内には

ママさん = スゴい!

の図式がしっかりとインプットされたのでありました。


さて、時を少し進めて、わたしはぴよぴよぴよこからぴよこくらいに大きくなり、東京さ異動することになりました。

そこで、またまたスゴいママさん達に巡り会います…。

それは、パートさん達とはまた一味違う、バリバリゴリゴリのキャリアウーマンさん達なのでした!

帰宅時間はいつも午前様なのに、朝は4時に起きてお弁当を作るという方…

産休明けに(育休明けじゃないところがミソ)短時間制度を利用するはずだったのが、結局1ヶ月も経たないうちにフルタイムに戻られた方…

独り身で、自分のことだけでアップアップだったわたしには、バリキャリママさん達が同じ人間に思えませんでした。

「ママさんって、やっぱり超人だ!」

こうして、ワーキングママさんの偉大さが、わたしの頭にがっちり刻み込まれてゆくのでありました。

またまた続くのだ。
ワクワク♪イラスト制作のご依頼について

web拍手 by FC2
↓ランキング参加中!
「応援してあげてもよくってよ?」という方、ぜひクリック下さいませ。
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ 人気ブログランキングへ FC2ランキング

| 出産・育児 | 06:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。