のびのび働こ!休憩室~やるべきことをやるだけ、シンプル起業創業スタイル~

やりたいことがあるのなら、そのために今やるべきことに集中して、やるだけ!力まず気負わず、しっかり続けられるあなただけの起業創業スタイルを見つけましょう。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ワクワク♪イラスト制作のご依頼について

web拍手 by FC2
↓ランキング参加中!
「応援してあげてもよくってよ?」という方、ぜひクリック下さいませ。
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ 人気ブログランキングへ FC2ランキング

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

残業単価、意外にややこしい

勤務社労士のヤマトです。

スーパーなどにお買い物に行くと、求人募集の貼り紙があることがありますよね。


うむ、早朝のお調理業務なら、時間的に入れるわ。

スキだとイワシてサヨリちゃん~♪
歌いながら真剣に検討するわたくし。


とかいう話題ではないのです。

サービス業ですと、土日が繁忙日ですから、時給がお高めに設定されていたりします。

例えば、平日1,000円、土日1,100円、ですとか。

この場合の残業単価についてのお話なのです・・・。

法定労働時間を超えて働いた場合には、25%以上の割増賃金を支払わなくてはなりません。

法定労働時間は、原則、1日8時間、週40時間。
変形労働時間制などを採用していなければ、これを超えて働くと割増賃金が発生します。

例えば、1日労働時間が9時間だった場合は、時間外労働が1時間。

これが平日だったら、1,000円×25%=250円以上のの割増賃金を支給。
土日だったら、1,100円×25%=275円以上の割増賃金を支給。

では、1日の労働時間は8時間以下だけど、週にしたら41時間、という時は?

これは難しいです!
色んなパターンが考えられるので・・・。

過去に役所に確認した時のご回答はこうでした。

厳密に捉えると、40時間を超えた日の時給で計算することになるそうです。

起算日が日曜日だった場合。

日~木の5日×8時間、40時間働いて。
金曜日に1時間だけ働いた場合、1,000円×25%=250円以上の割増賃金。

月~金の5日×8時間、40時間働いて。
土曜日に1時間だけ働いたとすると、1,100円×25%=275円以上の割増賃金。

これは難儀・・・。
繁忙期は1日当たり○円、等の定額の手当をつけた場合は、更に奇々怪々ことになってしまいます。

そういう給与体系を採用する場合は、高い処理能力が必要になるということですね!

逆に、処理能力が低いと、単純な給与体系にせざるを得ないというか・・・。
うーん、精進しなくては。
関連記事
ワクワク♪イラスト制作のご依頼について

web拍手 by FC2
↓ランキング参加中!
「応援してあげてもよくってよ?」という方、ぜひクリック下さいませ。
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ 人気ブログランキングへ FC2ランキング

| 給与 | 07:11 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://kyukeijikan.blog.fc2.com/tb.php/146-40e13f00

TRACKBACK

-

管理人の承認後に表示されます

| | 2012/04/18 07:25 |

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。