のびのび働こ!休憩室~やるべきことをやるだけ、シンプル起業創業スタイル~

やりたいことがあるのなら、そのために今やるべきことに集中して、やるだけ!力まず気負わず、しっかり続けられるあなただけの起業創業スタイルを見つけましょう。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ワクワク♪イラスト制作のご依頼について

web拍手 by FC2
↓ランキング参加中!
「応援してあげてもよくってよ?」という方、ぜひクリック下さいませ。
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ 人気ブログランキングへ FC2ランキング

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

養育特例の謎その1

養育特例とは。

3歳未満の子を養育する厚生年金被保険者の標準報酬月額が、養育開始月の前月の標準報酬月額を下回る場合、被保険者が事業主に標準報酬月額の特例を申し出ることにより、従前の標準報酬月額にて年金額を計算する特例措置が受けられます。

この制度は、育児休業を取得しなくても利用できます。
また、育児時短による標準報酬月額の変更だけでなく、残業時間の減少や、降級・降格での変更も対象になります。

・・・のはずなんですが。
過去に数件ながら、わたしも育休未取得の方の養育特例の申請をしたことがあります。
その際、100パーの確率で、

「養育特例は、育児休業を取得した方でないと申請できません。」

とお断りの連絡がきております。
で、「いえ、そんなはずは・・・」とお話すると、今度は、

「この方の標準報酬月額が下がった理由は何ですか?育児に関係あるんですか?」

そんな押し問答の末、結果的には通してもらってますが。

えー?この養育特例の申請の仕方って、もしかして社労士の裏技的なものなの?
違うとは思うけど・・・。

手続きって難しい。
関連記事
ワクワク♪イラスト制作のご依頼について

web拍手 by FC2
↓ランキング参加中!
「応援してあげてもよくってよ?」という方、ぜひクリック下さいませ。
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ 人気ブログランキングへ FC2ランキング

| 出産・育児 | 06:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://kyukeijikan.blog.fc2.com/tb.php/17-8341d5c7

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。