のびのび働こ!休憩室~やるべきことをやるだけ、シンプル起業創業スタイル~

やりたいことがあるのなら、そのために今やるべきことに集中して、やるだけ!力まず気負わず、しっかり続けられるあなただけの起業創業スタイルを見つけましょう。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ワクワク♪イラスト制作のご依頼について

web拍手 by FC2
↓ランキング参加中!
「応援してあげてもよくってよ?」という方、ぜひクリック下さいませ。
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ 人気ブログランキングへ FC2ランキング

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

就業規則向上?委員会【休憩時間】

勤務社労士のヤマトです。

休憩時間は、原則として一斉に取ることが決められています(労基法第34条2項)。

ただし、労使協定がある場合は、一斉でなくとも大丈夫だったりします。

お昼どきでも、大体の会社さんは、お電話などの対応が可能な体制になっていますよね~。

それから、業種によっては、そもそも一斉に与えなくとも良し!と認められているものも。

接客サービス業などでは、シフト制で勤務するのが一般的です。

休憩も、交代で回します。
1便、2便、3便、とか、グループ分けして、「1便の人は12時からね~!」とか、そういう感じです。

そうこうしてるうち、忙しくなってしまって、3便の出発が押してしまいました。

そしたら、3便のAさんから、

「それなら、休憩取らないで、その分早く帰る!」

とのお申し出がありました。

OKでしょうか?

…これは、OKできないんです~。

何故ならば、休憩は、労働時間の途中で取らなければならないと決められているからです(労基法第34条1項)。

さっきの例はイレギュラーなお話でしたけど、パートさんなどから、そもそもの契約の段階で、同様の希望が出てくるケースがあります。

休憩は要らないから、その分終業時間を早めて下さい!というもの。

で、それはダメなんですよ~、とご説明しても、なかなかご納得いただけない事が多いです。

これって、お子さんに

三角関数って、何かの役に立つの?

って質問される親御さんの心境に似てないかなー。

ええ、もちろん役に立つでしょうともよ!
でも、わたしは、どんな風に役立つのか、力説できるような具体例を持ち合わせていない訳ですよ。

第一が、三角関数って何だっけ?

法律で定められているんですよ~、もちろん、就業規則でも~。
皆さんの健康とか、作業効率とかに影響しますのでね…。

この説明では、どうも薄っぺらい気がしています。

腹落ちするとしないとでは、運用に大きく差がつきます…。
もっと力強くご説明できるようにならなくては。

球形
ピーチ味の飴ちゃんっぽい?
関連記事
ワクワク♪イラスト制作のご依頼について

web拍手 by FC2
↓ランキング参加中!
「応援してあげてもよくってよ?」という方、ぜひクリック下さいませ。
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ 人気ブログランキングへ FC2ランキング

| 就業規則 | 06:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://kyukeijikan.blog.fc2.com/tb.php/321-8f0e407a

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。