のびのび働こ!休憩室~やるべきことをやるだけ、シンプル起業創業スタイル~

やりたいことがあるのなら、そのために今やるべきことに集中して、やるだけ!力まず気負わず、しっかり続けられるあなただけの起業創業スタイルを見つけましょう。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ワクワク♪イラスト制作のご依頼について

web拍手 by FC2
↓ランキング参加中!
「応援してあげてもよくってよ?」という方、ぜひクリック下さいませ。
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ 人気ブログランキングへ FC2ランキング

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

時間無制限一本勝負なお仕事スタイル

勤務社労士のヤマトです。

わたしの経験上、社会には、「働ける時間に制限のある方」の活用に、アレルギーを示す方が、まだまだいらっしゃいます。

何故ならば、「時間無制限一本勝負」の試合形式が王道として君臨しているから。
↑プロレスの例えですが、伝わりますか?

「選手に負担が掛かり過ぎる」

「試合時間が読めなくて、観客の帰宅時間に影響する」

などのデメリットを補って余りある、あの高揚感…。
これは、おシゴトの場に置き換えても、全く同じことが言える、という点は否めません。

さて、おシゴトの優先順位を決める時に、「重要度」と「緊急度」の軸で分類する!という考え方があります。

  1. 重要度も緊急度も高い業務


  2. 重要度は高いけれど緊急ではない業務


  3. 重要ではないけれど緊急度が高い業務


  4. 重要度も緊急度も低い業務


優先順位が一番高いのは、1の「重要度も緊急度も高い業務」。
これに対応するのに、最も適した働き方が、「時間無制限一本勝負」だと思います。

この業務は、時と場所を選ばずに飛び込んできますから…。
首尾よく準備できていれば、1の業務がなくなるかと言えば、そんなことはまずありません。

活きたシゴトであればある程、1が飛び込んでくる確率が高い!

ところで、「時間無制限一本勝負」の皆様…。
2の「重要度は高いけれど緊急ではない業務」の進捗はいかがですか…?

分かっているけど、なかなか手をつけられない~~(>_<)

という方はいらっしゃいませんか?

実は、この2の業務をお任せするのにぴったりなのが、「働ける時間に制限のある方」
…ではないか?とわたしは思っているのであります。

次回に続きます。
関連記事
ワクワク♪イラスト制作のご依頼について

web拍手 by FC2
↓ランキング参加中!
「応援してあげてもよくってよ?」という方、ぜひクリック下さいませ。
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ 人気ブログランキングへ FC2ランキング

| my仕事スタイル開発 | 07:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://kyukeijikan.blog.fc2.com/tb.php/496-1d8321d5

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。