のびのび働こ!休憩室~やるべきことをやるだけ、シンプル起業創業スタイル~

やりたいことがあるのなら、そのために今やるべきことに集中して、やるだけ!力まず気負わず、しっかり続けられるあなただけの起業創業スタイルを見つけましょう。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ワクワク♪イラスト制作のご依頼について

web拍手 by FC2
↓ランキング参加中!
「応援してあげてもよくってよ?」という方、ぜひクリック下さいませ。
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ 人気ブログランキングへ FC2ランキング

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

実録!はじめての助成金申請:パート2

勤務社労士のヤマトです。

昨年、生まれて初めて助成金申請の機会に恵まれました。

(財)21世紀職業財団が支給する「両立支援レベルアップ助成金」の子育て期の短時間勤務支援コース(現在は、助成金制度が再編され、都道府県労働局からの支給に変わっています。)の申請です。

パート1では、就業規則の改定時期が遅かったばかりに、100万円もらえるはずだった助成金が70万円になってしまったところまでお話ししました。

ままま、済んだことは仕方がない。
気を取り直し、申請書類一式を提出しました。

すると数日後、(財)21世紀職業財団からご連絡が。

ご担当者様「労働者数が100人超えていますが、この記載に間違いはないですか?」
わたし「はい、間違いありません!」
ご担当者様「それですと、助成金額が50万円になります。」

え?
確かに、リーフレットには、小規模事業主→70万円、中規模事業主→50万円て書いてある。
でも、中規模事業主ってのは、「常時雇用する労働者の数が101人以上300人以下」の会社ですよね?

そして、「常時雇用する労働者」の定義は、「2か月を超えて使用される者であり、かつ、週当たりの所定労働時間が、当該企業の通常の従業員と概ね同等である者」ですよね?
弊社は、労働者数は100数名ですけど、「常時雇用する労働者の数」は20数名ですから、中規模事業主ではないですよね?

「それはそうなんですが、対して、小規模事業主の定義は、常時100人以下の労働者を雇用する事業主、なんです。ですから、労働者が100人超えていたら、小規模事業主には当てはまらないのです。」

・・・・・・(理解するまでに数十秒)。
えー!そうなんですか!!!!!!!!

ちなみに、現在の制度だと、小規模事業主の定義も「常時雇用する事業主100人以下」って書いてある・・・解釈異なるのかな?

さて、困りました。
中規模事業主がこの制度を使うには、「小学校就学の始期に達するまでの子を養育する労働者が利用できる短時間勤務制度を就業規則により制度化していること」が条件とされます。

ところが、弊社の就業規則では、「3歳に達するまでの子を養育する労働者が利用できる短時間勤務制度」しか定めてられいません。

これじゃ減額どころか、1円も助成金がもらえないことになってしまいます。
どどど、どうしましょう!

サーと血の気が引く音を聞きながら、次回に続きます。

助成金ベイビー
関連記事
ワクワク♪イラスト制作のご依頼について

web拍手 by FC2
↓ランキング参加中!
「応援してあげてもよくってよ?」という方、ぜひクリック下さいませ。
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ 人気ブログランキングへ FC2ランキング

| 出産・育児 | 06:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://kyukeijikan.blog.fc2.com/tb.php/59-93bf9a79

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。